万が一ネット風評被害に会ってしまった時には

8月 29, 15 • 未分類万が一ネット風評被害に会ってしまった時には はコメントを受け付けていません。Read More »

風評被害ってどんな被害?

皆さんは風評被害という言葉を聞いたことがあるでしょうか。一見難しそうに見える言葉ですが四字熟語ではなく、風評とは風の噂、被害とは害を被るという意味になりますので根も葉もない噂によって被害を被ることを風評被害と言うのです。風評被害と同じ意味では誹謗中傷、業務妨害などの言葉がありますが、これらも四字熟語ではありません。今ある風評被害を全て無くすにはどうしたらよいのかと言う問題は難しく、問題が膨れ上がってしまわないように早めに処置を取ることが望ましいと言えるでしょう。

風評が広まるまでの時間

風評被害というものはいつどこで起こるのかは誰にも分かりません。科学技術のおかげで電子が飛び交う情報化社会が形成されている時代です。インターネット、パソコン、タブレット、スマートフォンなどが当たり前に使われている社会では、情報の伝達速度というものが並ではありません。明治や大正、昭和の初期ならば電話のない家も多く風評が広まるまでの時間は今よりずっと遅かったのではないでしょうか。便利な生活を送れる反面、ネットで起こる風評被害は急増しているのです。

情報化社会の落とし穴

悪い噂というものは商品を売っている会社が一番恐れていることでもあります。大企業に悪意を持っている人は残念なことに少なくはないでしょう。会社としては宣伝することで商品や製品の売上アップに繋げることを目的としています。情報化社会ではネットによる風評被害を受けることが多く、インターネットやタブレット、スマートフォンなどの情報機器が仇となって広まる速度を上げてしまっていると言えます。風評対策としては情報の速度を逆手にとった更なる科学で専門業者に逆SEO対策を依頼すると良いでしょう。

誹謗中傷対策は、ブログやSNSなどから生まれた情報を削除したり、情報が人目につきにくいようにする事が重要です。

Comments are closed.